BMW S1000RR パーツの互換性

スポンサードリンク

BMW S1000RR

 

S1000RRは、BMWが2009年に発売した4ストローク999ccのオートバイです。

BMWが市販車を改造して世界一を決めるスーパーバイク世界選手権参戦のために開発したスーパースポーツモデルのバイクです。

 

並列4気筒エンジンを搭載し、構成はチェーン駆動、フロントの倒立サスペンション等を採用しています。

 

今までのBMWのオートバイの設計ではなく、他社のスーパースポーツバイクのモデル思考で開発されました。

 

 

初代 S1000RR 2010年式

 

 

 

二代目 S1000RR 2015年式

 

完全リニューアルを果たし、初代との互換性はありません。

 

 

年式別の適合パーツ

 

年式別によるパーツの互換性をご確認ください。

 

 

マフラー適合年式

 

2010年~2014年
2015年~

 

 

詳細説明

 

2016年1月1日以降
税込希望小売価格(消費税8%)  2,180,000円*1
(消費税抜き希望小売価格2,018,519円)

■ オプション・カラー
レーシング・レッド/ライト・ホワイト 30,000円(税込み)
ブラック・ストーム・メタリック/レーシング・レッド 30,000円(税込み)
ライト・ホワイト/ルパン・ブルー・メタリック/レーシング・レッド 40,000円(税込み)

■ DDC非装着車両(注文生産)
2016年1月1日以降
税込希望小売価格(消費税8%) 2,220,000円*1
(DDC、グリップヒーター、LEDターンインジケーター非装着、および鍛造ホイール*2付きの車両)

*1: カラーはブラック・ストーム・メタリックです。
*2: リアのタイア・サイズは200/55 ZR17へ変更となります。
※上記希望小売価格には、付属品価格、車体色オプション価格、税金(消費税除く)、保険料、登録に伴う諸費用は含まれません。
※価格は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

 

生まれ変わった世界最強のパワーマシン。

2009年の初登場により、スーパースポーツに革命をもたらしたS 1000 RR。あれから6年経った2015年、再び同じ偉業に挑むためにS 1000 RRを完全リニューアル。BMW MotorradのエンジニアがS 1000 RRのテクノロジー、デザイン、付属品を全面的に刷新。その結果、原型をとどめながらも新たなスーパースポーツマシンとして生まれ変わりました。

 

イメージチェンジだけでは物足りない。

スーパースポーツマシンの代名詞とも言えるS 1000 RR。それはデザインにも言えます。第三世代となった今回のモデルではフライラインは非常に鋭くクリアになり、輪郭とシェイプのボリュームも完璧なまでにバランスが取れています。リアからフロントにかけてのセクションは、トリムのコンポーネントのデザインを一新。なかでもヘッドランプは左右対称性をより一層、強調しています。

 

出力はより大きく、重量はより軽く。

新しくなったS 1000 RRの最大出力は、先行モデルより6馬力多い199馬力(146kW)。しかし、S 1000 RRが速度と敏捷性を向上したのは、出力が大きくなったことが理由ではありません。総重量もABSやトラクションコントロール込みで204kgとなり、旧バージョンより4kgほど減量。さらに設計を一新したフロントマフラーを廃した排気システム、トルクが増大した新しいエンジンセットアップ、パワーカーブの向上をはじめ、最適化したディテールが満載です。

 

最細部に至るまで改良を一貫。

S 1000 RRが大躍進を遂げるためには、デザインやパフォーマンスの大幅刷新に加え、技術的なディテールも重要です。電子サスペンションコンポーネントのDDCとDTCには、サスペンション全体と同様に新たな設定を施しています。これによりトラクションが大幅に向上し、ライダーにより良いフィードバックを与えることが可能になりました。またシフトアシストプロ(クラッチなしでシフトアップやダウンを行う)などの機能により、駆動力が最適化。e-Gasスロットル起動装置による、より精確でダイレクトな制御が可能となっています。ライダーはこれらの新しい機能を、新たにデザインされたコックピットから操作。特定の走行タイプにも対応しています。

 

革新の結晶となったS 1000 RR。

進化した2015年モデルを作るために、S 1000 RRのコンポーネントをひとつ残らず再検討。その結果、このクラスの標準の定義を再び塗り替えるスーパーバイク、いわば正真正銘のS 1000 RRが誕生したのです。

 

 

エンジン
タイプ 水冷4ストロークDOHC 4バルブ,並列4気筒
ボアxストローク 80 mm x 49.7 mm
排気量 999 cc
最高出力 146kW(199PS)/13,500rpm
最大トルク 113Nm/10,500rpm
圧縮比 13.0:1
点火/噴射制御 電子制御燃料噴射
エミッション制御 2 x クローズドループ触媒コンバータ、電子制御干渉管
性能・燃費
燃費(90km/h走行時)ISOモード100km定速走行 17.5km/ℓ
燃費(120km/h走行時)ISOモード100km定速走行 16.9km/ℓ
燃料種類 無鉛プレミアムガソリン、オクタン価95-98(RON)
電装関係
オルタネータ 350W
バッテリー 12V/7Ah、メンテナンスフリー
パワートランスミッション
クラッチ 湿式多板、アンチホッピング機構付き
ギアボックス 6速
駆動方式 チェーン式 (17/45)
車体・サスペンション
フレーム アルミ合金製ブリッジフレーム
フロントホイール位置/サスペンション 倒立式テレスコピックフォーク、φ46mm、電子制御式サスペンション可変調整
リアホイール位置/サスペンション アルミニウム製スイングアーム、電子制御式サスペンション可変調整
サスペンショントラベル、フロント/リア 120mm/120mm
ホイールベース 1,438mm
キャスター 96.5mm
ステアリングヘッド角度 66.5°
ホイール アルミキャストホイール
リム、フロント 3.50-17
リム、リア 6.00-17
タイヤ、フロント 120/70 ZR 17
タイヤ、リア 190/55 ZR 17
ブレーキ、フロント ラジアルマウント4 ピストン固定キャリパ、フローティングマウント式ブレーキディスク(320mm)
ブレーキ、リア シングルピストンフローティングキャリパー、リジットマウント式ブレーキディスク (220mm)
ABS 標準搭載:BMW Motorrad Race ABS (パーシャリーインテグラル、DTC機能付)、ON/OFF切替え可能
寸法・重量
全長 2,050mm
全幅(ミラーを含む) 826mm
全高(ミラーを除く) 1.140mm
シート高、空車時 815mm
インナーレッグ曲線、空車時 1.805mm
空車重量、走行可能状態、燃料満タン時 1) 204kg
許容車両総重量 407kg
最大積載荷重(標準装備時) 203kg
燃料タンク容量 約17.5ℓ
リザーブ容量 約4ℓ
  • 空車時重量に関する技術仕様(DIN)
  • 1) 全取扱い品目に関する93/93/EWGに依拠。空車時、走行可能状態、燃料満タン時の90%、オプション非装備
    ※記載の諸元・データはドイツ本国発表値を基にしています。

 

 

スポンサードリンク